2020.5.20

腰椎すべり症 三軒茶屋のカイロプラクティックの臨床報告

新宿区在住の既存の患者さん 1年以上メンテナンスに来てなくて

再来院 右の股関節のつまり感 左足底の感覚が鈍い 左膝下の感覚が鈍いとのこと

う~んまずそうな症状ですな

というのもこの患者さんは腰の骨が前へ滑ってる 腰椎すべり症を持っていて 以前は症状が出ないようにメンテナンスしてきたのですがここまでひどくなったことは無かった

このような症状はこれ以上進行すると手術対象になりカイロプラクティックの禁忌症状になる場合もあるからです

アキレス腱反射 膝蓋腱反射は正常なので運動神経は正常 感覚神経の伝導が悪くどこかで圧迫してます

滑ってるのは腰椎5番なのでそこです 触診でもわかるほどの滑り具合

マニアックなテクニックでマーフィーテクニックというのがあります。昔に本で学びました

簡単に書くと腰椎5番は前に変位 その下の仙骨は後方へとなりすべり症の状態なわけですから

仙骨を前方へ 腰椎5番を後方への矯正をするテクニックです

コダマカイロプラクティックセンターは機能的にはカイロプラクティックテーブル(カイロプラクティック治療台)の1番いいものを使っています。 三軒茶屋には他にはないです

普通の治療院にはほとんどないのでこのテクニックは正確に使えないですが原理が分かれが似た方法はできます

すべり症で神経症状が出てると診れない 診てはいけないとなってる治療院もあると思います

この患者さんは既存の患者さんで信頼関係もあるので施術しました

1か月後7回目の施術の時は症状は良くなってきたが右の足の親指の筋力が低下したり右のアキレス腱反射が減弱したりしました

しかし施術は続行

10回目の2か月後には大分良くなってきて水泳や長く歩くこともできるようになりました

ここまで来れば後は大丈夫

以来真面目に月1回来てますよ。笑

 

検査の内容や施術方法を書くと難しくて一般の方が分からないのであえて書いてません

こういう状態の症状がこんな感じで良くなったよ とか 良くならなかったとか変わらなかったとか

書いて行こうと思います