2020.7.18

チャナ 三軒茶屋

チャナはコダマカイロプラクティックセンターよりもっと昔からあるお店で私が三軒茶屋に来た時からあるので26年前以上前からある

先代のお母様からで現在は2代目 兄妹で経営されてます

有名な店 チャナカレーという看板メニューは豆のチャナカレーではなくポークカレーです

いつもチャナカレーばかり食べてるので今日はギャル曽根ちゃん おすすめのチキンカレーにしました。(昔近くに住んでた)

治療院から世田谷通りを環七方面へ歩き コダマカイロとは反対側の右側にあります。住所は若林一丁目 目の前もシターラというカレー屋

大抵ここのカウンターで食べます

コダマカイロと同じ輸入住宅の無垢材使用でリゾート感のある内装でとても落ち着きます

事情があり、しばらく休業してたのですが再開 現在は不定期営業なのでTwitterをご確認ください

チキンは大山地鶏

よく大山鶏使用って目にすると思いますが大山で育ててる鶏は皆 大山鶏なんです

ブロイラーなのか銘柄鶏なのか ブランド鶏なのか分からないが地鶏と書いてあれば大山地鶏で間違いない

地鶏ではないのに地鶏とは書いてはいけませんので

だからチャナだと三元豚のバラブロック肉より大山地鶏の方が仕入れ価格は高いはず

よってポークより値段が高いわけです

大山鶏 大山地鶏 ちょっと気にして見るようにしてください

チャナのもう1つの特徴はカレールーは別に盛って出てきます グレービーボート カレールーポット あの入れ物に入ってます

酢漬けのキャベツ類は多めで私は半分はカレーと一緒にアチャールのように食べます

ポークも大きな肉ですがチキンもデカいのが2つ入り食べ応えありでチェーン店とか違います

肉の出汁がルーへ出てるもののよく噛んで食べればブロイラーとは別物だとわかります

出回ってる鶏肉の9割はブロイラーですから 鶏畜舎見るとあれだと鶏が頭悪いとはいえストレスだろうなと思います

ポークカレーより酸味がありフルーティーなカレーで辛口で注文したので程よい辛さで美味しい

カレーライスではなくインドカレーでもない欧風カレーでもないインド風カレーのジャンルでしょう

はじめての方は1000円の看板メニューのチャナカレー(ポークカレー)をほとんど注文すると思いますがチキンカレーも美味しいです

 

キーマカレーは1250円

半熟ゆで卵つき

豚肉と牛肉の合い挽きで5ミリ角のひき肉が肉肉しくて辛口でこちらも美味しいです

チャナのカレーは量があるので1250円でも高いわけではない

ライスは少な目にしてもらったがそれでも腹パン!